上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。

グランスイート六義園の目の前を通る不忍通りの歩道がとても狭くて危険なのですが、
東京都が平成27年度まで拡幅事業化を予定している
優先整備道路「都-30」に指定されており、
工事が行われるのを待っている状態です。

ですが、危険な状態は1日でも早く解消したほうが良いので、
私たちは道路拡幅の早期事業化を求める署名を集めてきました。
本日は、その署名東京都に提出してきました。

この不忍通りの歩道は大変狭く、幅が1メートルに満たない個所もあります。
更には傘をまっすぐさして通れない場所もあります。
しかし、この歩道は自転車も通行して良い道なのです。
そのうえ、不忍通りは路線バスや大型トラックも行き交う、決して交通量が少なくない道路です。

このように、いつ事故が起こってもおかしくない危険な歩道ですが、
周辺にはオフィスビルや学校施設、幼稚園、保育園などが沢山あるために、
多くの人々が通勤・通学で利用しています。


そのため、この危険な状況を改善してほしいと、
東京都に対して拡幅の早期事業化を求める署名を集めてきたのです。

私たち地域住民たちはコツコツと街づくりを進めておりますが、
丸紅は思い切りその努力を無駄にするような計画を立て、
はた迷惑なマンションを作ろうとしています。


  • グランスイート六義園拡幅計画に含まれている土地に建つので、
    事業化の際は土地の一部を東京都に回収されてしまいます。
    一人でも回収反対のマンション住民が出ると拡幅工事がとん挫してしまいます。
    根津の方の不忍通りでも、
    同じ問題が起こって拡幅工事が10年以上止まった事例があります。

  • グランスイート六義園拡幅計画で回収される土地を
    建ぺい率・容積率算出分に加えているので、
    拡幅工事で土地を回収された後は
    建ぺい率・容積率オーバーの既存不適格物件」になってしまいます

  • 思い切り「建ぺい率・容積率オーバー物件」になるので、
    将来建て替えが必要になった際には、
    現時点よりもずっと小さな規模でしか建て替えできません。

  • そうなった時に、
    はたしてグランスイート六義園の住民たちは建て替えに賛成するでしょうか?

  • 建て替えに反対する住民がいた場合、
    グランスイート六義園はそのまま放置・幽霊マンションになる可能性もあります!



このように、
グランスイート六義園は私たちの拡幅工事に対する期待に
暗い影を落としているのです・・・。

しかし、私たち住民は1日も早い拡幅事業化を望んでいるのです。
その結果が、たくさん集まった署名なのです。

丸紅さん、そうやって地域住民のよりよい生活を求める気持ちや、
不忍通りを利用する人々の安全性を阻害してまで、
どうしてそんなにグランスイート六義園を建てたいのですか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。