上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設)
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。

本日は、丸紅の誇るステキマンション
グランスイート六義園」の
敷地境界ギリギリに建てるということがどんなにステキなことか、
みなさまに知って頂きたいので現場写真をアップすることとしました。

まずは、お隣のマンションに迫りくる現状をご覧ください。


(1)手を伸ばせば届く距離。
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(境界から50㎝・1)


(2)右側のマンションはグランスイート六義園に面している壁面に、
  大きな窓が付いています。
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(境界から50㎝・2)


(3)ここにグランスイート六義園の外廊下を配置するそうです。
  宅配業者や訪問者など不特定の人々が、
  窓からわずか1メートル足らずのところをウロウロするのです。
プライバシー防犯対策ゼロ!
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(境界から50㎝・3)


(4)大人ならば、廊下から窓へと、た易く侵入することができるでしょうね。
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(境界から50㎝・4)


(5)何度も言いますが、壁同士の隣接ではありません。
  「外廊下」と「大きな窓(柵なし)」同士が向かい合っているのです!
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(境界から50㎝・5)


(6)先日のブログにも書きましたが、
  グランスイート六義園敷地境界線から50センチしか離していないために、
  我々の土地に足場が空中越境しています。
  これでもまだましな状態かも?
丸紅マンショングランスイート六義園工事現場(空中越境)


このように、丸紅安藤建設の黄金コンビがお贈りするグランスイート六義園は、
近隣に配慮しない建て方をしているために、
我々周辺住民はとってもとっても迷惑な状況に陥っています。

これが丸紅様のコンプライアンスマニュアルにある
利益と正義があるなら迷わず正義を取れ」の「正義」なのでしょうか。

私の想像ではありますが、
恐らく丸紅の正義とは「会社にとっての正義」であり、
社会通念的な「正義」とはかけ離れたものなのでしょう。

ね、丸紅さん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。