上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは。
丸紅文京区本駒込に計画しているマンション
グランスイート六義園」の建設計画に対して
異議申し立て中の
グランスイート六義園対策委員会」です。

11月3日に、
ようやくグランスイート六義園
マンション計画「近隣住民向け合同説明会」
が開催されました。

その時の報告と、
ご近所に建て替え計画がある別マンションの説明会
についての報告をアップします。

長文ですが、どうぞお付き合いくださいませ。


1.丸紅グランスイート六義園合同説明会について



今まで再三にわたり、
ご近所を集めた「合同説明会」の開催を
丸紅に対して要請してきました。

その努力が実って、
11月3日に丸紅マンショングランスイート六義園」の
「近隣住民向け合同説明会」が開催されました。

説明会において、
われわれ本駒込6丁目住民から出た意見と質問は
次のとおりです。


  • 既存不適格となる可能性が高い物件は
    購入者のためにも地域のためにも作らないで

  • 既存不適格にならないような計画で建てて

  • 説明資料には一切「印鑑」が押されていないので押して

  • 東京都景観計画地域の対象なのに、
    計画に対する申請書と
    建築確認の事前審査を同日に出しているのは倫理に反する

  • 丸紅コンプライアンスに照らし合わせて
    恥ずかしくない建設計画なのか答えて

などなど・・・

しかしながら、
説明会では今までの個別説明会以上に
実りのないものでした。
特に今回は、
丸紅の説明者の態度が驚くほど悪くて・・・。


  • 質問に答えずに黙り込む

  • 住民の説明に対して苦笑する

  • にらむ

  • にやける


マンションの説明会ってこんなものですか?
丸紅の企業倫理はどうなっているのですか?

それに比べて、
もう一つのご近所マンションの説明会は
企業の誠意とプライドを感じられるものでした。
次をお読みください。



2.ご近所マンションの建て替え説明会について



私たちの住まいや
丸紅マンショングランスイート六義園建設予定地
からすぐ近くの場所にあるマンションが、
この度建て替えられることとなりました。

土地の条件としては、
丸紅が取得した場所とまったく同じく
不忍通り拡幅工事予定地が含まれています。

そこで、我々委員会は質問しました。
既存不適格になるようなプランではないのか」と。

その問いに対する某デベロッパーの答えは、
まさに企業としての「誠意と誇り」を感じるものでした。

既存不適格になるようなプラン?
 そんなことをして容積率をアップさせる
 などというプランは当初から考えたこともありません。」

「そもそも私たちは、
 建て替え後も住み続ける住民の皆さまや
 購入されるお客様に
 “このマンションは既存不適格になる可能性がある”
 なんて説明をしたくありません。」

どうですか?
この歴然とした丸紅との違い!
これぞまさに、企業としての正しい姿勢ではありませんか?

デベロッパーさんの名前を出したいくらいですが、、
確認もとっていないので伏せることといたします。

これこそが、
「私たちの求めるマンション計画!」
なのです。

丸紅には、本当に本当に、
心から企業の誇りと誠意をもって
グランスイート六義園マンション計画
考え直していただきたいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。