上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。


近隣住民に対する酷い仕打ちを改めようとしない
我らが丸紅グランスイート六義園ですが、
今日は

リビングからお風呂場の窓が丸見えになる!

という問題点についての報告です★


さてさて、
一般的な常識をお持ちの方ならばお分かりいただけると思うのですが、
前もって建っているマンションの居室とお風呂場が向かい合わせになったら、
通常は窓などを設置しないといった配慮をするのが普通ですよね。



しかしながら、な、なんと・・・


丸紅グランスイート六義園

お風呂場の窓を

われわれマンションのリビングに向かって設置しています★



こちら↓の写真は、
われわれマンションのリビングから撮影した
グランスイート六義園の側面ですが、
この状態でお風呂場の窓を設置するつもりだそうです


丸紅グランスイート六義園の問題「お風呂の窓」


この件については、
文京区で行っているあっせんの場で再三
窓をなくすように」と申し上げて参りました。


それに対して丸紅から出てきた変更案は、窓を小さくしただけ。
小さいとはいえリビングから丸見えの位置は変わらないままでした。


一応スリガラスではありますが、

住人が入浴していることは

すぐに分かってしまう状態です!



これではわれわれのプライバシーだけでなく、
購入される方のプライバシーも侵害されてしまいます!!


さすが、自分達の利益のためなら、
地域破壊バッチコーイ&購入者の不利益などお構いなし!
丸紅ですね。
今回も平常運転★


丸紅さん、
われわれ地域住民は本当に、心から!怒っているのですよ。


丸紅社長である朝田照男氏は、
本当にこれだけの問題を抱えている計画を
「よ~しよしっ!是非とも建てたまえっ!」
と認めているのでしょうか?


担当者のみならず事業部長さえも、
「この計画は会社を挙げて進めていくのだ!」と豪語していましたが、
そんな企業があることが全くもって信じられません。


まあ・・・、
とはいえ、
グランスイート鵜の木一丁目の計画もこんなことになっていますし。

日本を代表する企業を自負している丸紅ですが
実のところは“そんな企業”なのでしょうね。
ね、丸紅さん!


グランスイート六義園を購入検討されている方々は、
このマンションがいかに近隣に迷惑をかけている建物であるかという事を
良くお考えいただきたいと思っています。
購入するという事は、丸紅のようなやり方に賛同していることと同義です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。