上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさまこんにちは。


六義園にほど近い文京区本駒込6丁目に計画されている、
既存不適格物件になりそうな丸紅マンション
グランスイート六義園
の建設計画変更を求めて活動中の
グランスイート六義園対策委員会」です。


丸紅がとうとうやってくださいました。


既存不適格建築物になる可能性が高いと知りつつ、
計画を変更する事のないまま
民間団体ユーイックに対して「建築確認申請」を提出しました。


私たち近隣住民との紛争状態中なのに、
また、説明責任をきちんと果たしていない(※)にもかかわらず、
建築確認申請」を提出するとは・・・、

何と誠意のない企業なのでしょう(呆)


※黙って回答しなかったり、
 都合の悪いことは質問を曲解して訳の分からない回答をしてくるのです。丸紅は。


説明会で、丸紅担当者は毎回こうおっしゃいます。

「将来長きにわたって暮らすことのできる、
 良質な住宅を供給することが我々の使命です。
 もちろん、グランスイート六義園も良質な住宅です。」



そっか、本当にこのように思っていれば、
それは建築確認申請も出せますわね・・・。


ですがみなさま、
この既存不適格物件になりうるグランスイート六義園が、

「将来長きにわたり暮らし続けることができる」
「良質な住宅」


だと思いますか?


建築基準法が改正されて、
やむなく既存不適格になるわけではないのですよ。


元々なることが分かっていて建てるのですから・・・。
回避する方法はいくらでもあるはず!
(ご近所に建て替え計画のある、
 あのデベロッパーT社が立てた計画のように♪)


それなのに、その努力もせずに
「良質な住宅」
とは呆れてものも言えません。(言ってるけど)


とにかく、私たちは
既存不適格物件になりうるマンション計画のまま
建築確認申請を提出したことに
断固抗議いたします★


今日の吉保さまのお言葉

「平成27年までに既存不適格物件となる可能性が非常に高いマンションが、
 将来長きにわたって暮らせる良質な住宅なのか?
 丸紅よ、このうつけ者めがっ!」



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。