上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。

今日はお知らせです。

週末の強風にあおられて、懸垂幕が切れてしまいました。
そのため、ただ今一時外しているところです。

みなさまにはご心配をおかけしまして申し訳ありません。


スポンサーサイト
六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。

大変ご無沙汰しております。

今回は不忍通り拡幅されることが決定しました
というお知らせです。

お知らせといっても、実は最近の情報ではありません。

昨年の11月下旬にこの拡幅計画が発表され、
地域住民に対する事業化に関する説明会が行われました。

説明会では、
・これからのスケジュール
・土地の収用に関すること
などの説明がありました。

その中で、
「よっぽどのこと(天変地異など)が起こらない限り、
 この事業化は中止されることは無い」
という説明も東京都からされました。

そして、
建ぺい率容積率緩和について期待できるといった意見もあったのですが、
後日文京区および東京都に問い合わせたところ
「可能性は著しく低いのではないか」との回答でした。

つまり、
グランスイート六義園が近い将来既存不適格になる危険性が
また一段と高まったということではないでしょうか。


おまけ:

前回の記事にも書きましたが、
のぼりが見えにくい場所に追いやられていることが時々あるのです。
先日は、植栽をなぎ倒すように移動されていました。
残念なことです。

六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設)
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。

去る8月の下旬に、丸紅は微細な計画変更をして新たな建築確認を取りました。

おかげで、我々が昨年から行っていた審査請求
残念ながら取り下げられてしまいました。

過去の裁判所の判例からも、
このような場合は前計画に対する審査請求は取り下げる
ということが通例になっているようです。

そのため、もう一度変更後の計画に対する審査請求をした次第です。

結果がどのように出るかは分かりませんが、
出来る限りのことをして行こうと思います。


おまけ

先日我々が立てているのぼり
植栽に隠れるように陰に移動されられている事件(?)がありました。

のぼりを立てた当日には盗まれる事件もありましたし、
マンション建設反対運動には色々な嫌がらせがあるのだな・・・
と改めて実感しました。

※盗まれたのぼりは、
 その後打ち捨てられているのを無事?発見しました。

六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。


今回は、丸紅安藤建設に対して
以前よりずっとお願いしていることを改めて記事にいたします。


グランスイート六義園建設現場足場を囲んでいるシートは、
解体工事などで使われるような薄いシートです。


ところが最近の建設現場では
防音シート」を使っている所が多く見受けられます。


この近隣でも
本郷通り沿いのダイワハウスさん現場や千石駅前のみずほ銀行の現場などでも、
防音シートを使用していました。
(今はどちらも竣工済み)


にもかかわらず、
丸紅安藤建設グランスイート六義園現場では、

当初から一貫して防音シートを使用してくれません。

再三「防音シート」に変更するように要求してきておりますが、

いまだ改善されておりません。



先日の話し合いの場で丸紅担当者
防音シートは金額が高い。今使っている物の方が安い。
ということをおっしゃっていたそうです。


お金の事ばかり優先して、
防音シートを使わないなんてひどい話だと思いませんか?


更に、グランスイート六義園の現場は8時から工事を開始しています。
他の建設現場では8時30分や9時くらいから始めるところが多いのですが。
われわれのことなどお構いなしです。


丸紅さん、安藤建設さん、
今からでも遅くないので
グランスイート六義園防音シートを設置してください!



六義園にほど近い文京区本駒込6丁目建設中の
既存不適格になりそうなマンション
グランスイート六義園(事業主:丸紅・建築者:安藤建設
に対して計画変更を求めている
グランスイート六義園対策委員会」です。


前回のエントリーにありますとおり
グランスイート六義園お風呂の窓が我々のベランダに面している!
というプライバシーもへったくれもない
トンデモ間取りを変えようとしないので
断固抗議し現在交渉中なのですが、
丸紅はまたまたやってくれましたヨ★


窓について交渉を進めているにもかかわらず、

勝手に決定したかのような間取りを公開しているではありませんか!



まるで誠意ナシ夫さんです。


私たち住民は本当に怒っています。



あ、それから・・・
このグランスイート六義園は「六義園」をうたっているものの、

六義園には面していない建物です。

以上、豆知識でした★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。